福祉系専門職の教育に必要なポイント

福祉系専門職の教育に必要なポイントの一例を以下に挙げてみることにします。

福祉系専門職の教育に必要なポイント

福祉系専門職の教育に必要なポイント 福祉系専門職の教育に必要なポイントの一例を以下に挙げてみることにします。まずは、実習など現場を見る経験を通して、いわゆる福祉の実学を学ぶことが大切になります。座学では分からない、専門職がクライアントと取る距離感など、学ぶことは多いでしょう。

次に、体系化されたカリキュラムで、教育を受けることも大切になると考えられます。専門職養成には、どの人が実践しても最低限担保されるべき、知識や技術、価値があります。その担保をするのが、体系化されたカリキュラムで学習することだと考えられます。

また、エビデンスをしっかり学ぶことも大切になると考えられます。前述した、知識、技術、価値の中の知識の部分になりますが、様々な理論や社会福祉の歴史などを学習し、実践を支えるエビデンスを確かにすることが大切になります。以上のようなポイントが、大切になると考えられます。今、福祉系専門職は多方面からその活躍を期待されています。その期待に応えるために、十分な教育を受けることが大切になると考えられます。

Copyright (C)2019福祉系専門職の教育に必要なポイント.All rights reserved.