福祉系専門職の教育に必要なポイント

「日本国憲法」では、国民の三大義務の一つとして、教育を受ける権利を定めています。

国民の義務である教育を考えましょう

福祉系専門職の教育に必要なポイント 「日本国憲法」では、国民の三大義務の一つとして、教育を受ける権利を定めています。それを受けた法律があります。そこには「人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない」と規定されています。子供が人として成長し、人格を形成するための教育を保障しています。子どもは、自分一人の力だけで成長していくことはできません。親や教師に助けられながら、自分の個性を引き出し成長します。これは幼児や小学校に限らず、中学校や高等学校、さらには、成人になっての学習があります。

教育の役割についてはいろいろな言い方がされますし、さまざまな見方があります。政治という側面では、社会の民主化を推進するとも言われます。また経済という側面では、いろいろな技術を学ぶことで社会の生産性が向上するとも言われます。幅広い知識と教養を身に付けること、 個人の価値を尊重すること、職業及び生活との関連を重視し勤労を重んずる態度を養うこと、正義と責任、自他の敬愛と協力を理解し、社会の形成に参画し発展に寄与すること、生命を尊び自然を大切にし環境の保全に寄与すること、 国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと、と定められています。

Copyright (C)2019福祉系専門職の教育に必要なポイント.All rights reserved.