福祉系専門職の教育に必要なポイント

高校になると科がつくことがあります。

普通科と文理科で教育に違いがあるか

福祉系専門職の教育に必要なポイント 高校になると科がつくことがあります。一般的には普通科になります。その他商業科、工業科などは良く知られています。園芸、演芸、家政、看護などを学ぶことができる科もあります。高校を卒業した後に、それぞれの科で学んだ知識や技術を生かすことができます。ある都道府県では少し変わった科ができたことが知られています。

それは文理科と呼ばれる科です。文系の分と理科系の理が両方入っているので、その区別をするわけではなさそうです。偏差値や難易度で見ると、文理科の方が高くなっています。また、その都道府県の中でも、上位の高校といわれるところで設置されています。それらの高校を目指す人は、まずは文理科を目指し、合格できないと普通科を目指すともいわれます。

生徒のレベルはおのずと異なりますが、教育内容そのものは変わらないといわれます。ただし、文理科は特別な授業を受けることができます。通常の授業では学べないことが学べるとされ、その分普通科より得になります。

Copyright (C)2019福祉系専門職の教育に必要なポイント.All rights reserved.