福祉系専門職の教育に必要なポイント

教育は何も学校へ通学し、受講することだけとは限りませんし、生きている以上日々お目にかかることとも申せましょう。

生きている以上、教育は私たちの周囲のどこにでも存在しています

福祉系専門職の教育に必要なポイント 教育は何も学校へ通学し、受講することだけとは限りませんし、生きている以上日々お目にかかることとも申せましょう。幼稚園や保育園、小学校、中学校、高等学校、大学等は確かにそれを授ける場ではありますが、1日24時間の中で、学校にいる時間の他に、様々な場所で、様々な人から、または自然から授かるといっても過言ではありません。またお仕事をされている方も同様に、勤務時間内外を問わず、いろいろな環境下でそれは授かるものでございます。

教育には、「教科書」が付き物ではありますが、すべてにおいてマニュアルは存在いたしません。いろいろな場面において人それぞれが遭遇する数々の場面もその一つに数えられましょう。ですからいろいろな未知の出来事と出会うことが、それにあてはまることで、自らが教えられ、成長してゆくこととなるわけでございます。

俗に教育は、「今日行くところがある」などという方もいらっしゃいまして、とりわけ高齢者の方などにおいては、家でじっとしているより、外出することがそれに繋がってゆくことを裏付けていると申せましょう。決して、若い方ばかりのものではなく、老若男女を問わずいつでも場所を問わず、授かることができますため、どのような状況下においてもそれと認識することができるのではないでしょうか。

Copyright (C)2019福祉系専門職の教育に必要なポイント.All rights reserved.